抗酸化が美容のカギになる

美容のためにレモン水を取り入れてみよう 美容を意識する40代からのミセス世代において、老化をはねのけるため、活性酸素に対抗できる抗酸化物質のパワーに注目が集まっています。抗酸化物質の種類には2種類があり、ポリフェノールの一種であるフラボノイド類と、動植物に含まれる赤や黄色の色素となるカロテノイド類です。また、総合した種類となるのがファイトケミカルで、別名には抗酸化ビタミンの名を持っている物質です。

年齢とともに抗酸化酵素は減少してしまい、体力の低下や肌トラブルなどの老化を感じやすくなります。体力が衰えることにより、筋肉量や代謝までが低下して体型が崩れやすくなったり、くすみや近年注目されている糖化など、肌悩みも増えてしまいます。ファイトケミカルの種類も数千種類と豊富で、食品からも上手く摂取でき、食品によって含まれる種類も異なるため、お互いにサポートして働かせることでパワーを発揮してくれるため、バランス良く美容食から摂取したい物質です。また、働きをサポートする成分として、トマトの赤色色素を作るリコピンにも高い抗酸化パワーがあり、活性酸素を抑制することで悪玉コレステロールの酸化を抑え、生活習慣病を予防し、明るく若々しい肌までも維持できます。

Copyright (C)2019美容のためにレモン水を取り入れてみよう.All rights reserved.